2019年06月23日

初めての経験

みなさんこんにちは!

最近急に暑くなって、夏が来てるなぁと実感する毎日です💦
私は暑いのが何より苦手なのでどうか早く過ぎ去ってくれと思ってしまうんですが
楽しい夏の過ごし方をご存知の方、ぜひアドバイスをお願いします。笑


先日竹内社長から新しい業務を頂き、とある知的財産に関して勉強・申請手続きをすることになりました❗
と言っても私に法律関係の知識や経験は全く無く、右も左も分からないまま調査を始めたので官公庁のガイドを読んでも「ん?んん??」と首を捻るばかり…笑
こんなことなら大学時代に法律関係の講義を一つでも受けておけばよかったと思ってももう後の祭り💥

でもやるしかないので、ネットの知識も借りつつ何とか申請書を作成📝
先日無事小牧郵便局より特許庁へ書類は旅立って行きました✉💨

もちろん申請したからと言ってすぐに認可がおりるわけでは無く、データ不足や書類不備を指摘され何だかんだと追加調査や手続きが必要になるパターンが多いらしいです。
通常ペースでいっても認可されるまでに半年以上かかるといったデータもあります。

しかも…仮に認可されなかったとしても、当然ながら申請時に支払う手数料は返金されないのです。
(今回きちんとした権利に関する申請なのでそれなりに費用がかかっています。)


では、最初から専門家に依頼すれば短期間で認可を取得できる可能性が高いにも関わらずなぜ竹内社長はそちらに依頼せず、何の経験もない私に任せるのでしょうか?
恐らく、「新しい経験から新しい学び・成長を得て欲しいから」だと思います。

なぜなら
「社員が新しいことができるようになれば会社としてできることの幅も広がり、社員個人が一人間としても成長できる。その成長の為には何でも経験させて、教育する必要がある。」
というのが社長の考えだからです。



今のご時世、人手不足による業務圧迫という面もあり教育にまで費用と時間をかける余裕のない企業が多いと思います。
さらに言うと、教育の重要性に気付いてすらいないのでは?と感じる場合も…

生意気な表現ですが、「今は何とかなっているし」「業務はまわっているから不要だろう」としている企業のうち、10年20年…50年と時間が経った時どれほどの数が残っているのかと思ってしまいます。

【教育により社員一人ひとりのスキルを底上げする➡️業務改善や新規事業への挑戦ができるようになる】ことで、結果的に会社としての地力もUPすれば一石三鳥ですよね!?





【教育への投資は惜しまない】
そう考える仲間と働けて幸せだなぁと感じる出来事でした。





posted by yuuki.o at 15:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。